札幌恋活情報誌 - 札幌の婚活を徹底ガイド

札幌のあらゆる恋活情報をあなたのために徹底ガイド!
2020/05/15

オンライン婚活・リモートデートのコツ

キーワード:, , , ,

北海道・札幌でもいまだに続くコロナ騒動と外出自粛。仕事がリモートワークに切り替わった人も、出会いの場をオンラインに求めている婚活男女も多いことと思います。

外出しなくていい、手間も少ない、リーズナブルな『ネット婚活』ですが、「すっごく便利!」と手放しでは言えない、さまざまな弊害や難しさも指摘されるようになりましたね。

今回はそんなネットを活用した出会いを楽しいものにするコツをご紹介します。

相手との距離を掴む

オンラインでのトークは、呼吸のつかみ方が難しいといいます。

「対面で話すのは得意でも電話がニガテ」という人もいますよね。相手の表情や呼吸が読み取れないので、言葉のキャッチボールがうまくいかず会話がチグハグになってしまうんです。

オンラインでは相手の顔や表情は見えていますが、通信で多少のブランクなどが生じ、普段の会話と同じように話そうとするとテンポがずれてしまうことがあります。

少し間を取ってから話す、ゆっくりしゃべるのを心がけるなど、いつもとは異なる気遣いが必要になります。

プライベートに踏み込まない

ビデオ通話では、相手の部屋が映りこんでいることもあります。しかし、そこはプライベートな空間ですから、あまりずかずかと踏み込まないようにしましょう。

オンライン飲み会がブームになっていますが、そこでも「洗濯物映ってるよ~(笑)」「部屋着を見せてよ」などと、相手のプライベートに踏み込む発言が問題になっています。

Zoomなどでは部屋を映さないように背景を設定することができます。背景を設定している人の多くは、あまり室内を映したくない男女なのだと予想できますね。そこで「部屋が見たい!」「背景設定するのやめて室内を見せて」などと要求するのはNGです。

何気なく話のネタとして言ったことでも、自分のテリトリーに土足で踏み込まれたような気持ちになって不快に思う方もいるので、室内の様子について細かな言及をするのは避けたほうが無難です。

 

無理をさせない

オンラインの交流、まだ慣れてない人もいますよね。終わり時がわからない、ネットの会話はつかれてしまう、と感じている男女も多いんです。「そもそもネットで会話をしたくない」と抵抗を感じている方も。

ですから、マッチングアプリや婚活パーティーなどで知り合った異性に「オンライン飲み会しよう!」「リモートデートしましょう!」と強要するのはやめましょう。

オンラインでの交流を持ちかけてみて「いいですね!」と好反応だったら良いですが、あまり色よい返事を貰えなかった場合、そこで無理に「カンタンだからやってみましょうよ!」「教えてあげますよ!」などと促すのはNG行為です。

相手が乗り気ではなさそうな場合は、今まで通り、メッセージでのやりとりなどを密に行ってコミュニケーションを取りましょう。

北海道・札幌のオンライン婚活パーティーはこちらから♪